Page: 1/1   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク

| スポンサードリンク | | - | - |
マクロビオティックの理論:身土不ニと陰陽論

スポンサードリンク

マクロビオティックとは、特別な食材をとることで心身の陰陽のバランスを一番適切な状態に保つことを言います。

マクロビオティックを提唱した桜沢如一氏は食物には陰陽があり、陰陽のバランスのとれた食材をとる生活習慣を送るべきだと言及しています。

もともとは日本の「身土不ニ」や、中国の「陰陽論」などの考え方を合わせた理論だと言われています。

「身土不ニ」とは「身体は環境(土地)と切り離せない」という意味で、「自分が長く暮らしている土地でとれた食材を食べることが、最も身体によい」という考え方のことを言います。

「陰陽論」とは、古代中国の学問で、万物を作り出す相反した性質を持つ二つの「気」にもとづいて、わざわいを避け、福をえるための教えをさします。

しかし厳密な定義があるというわけではなく、マクロビオティックにも様々な分派が存在しています。

スポンサードリンク

| mashhy11 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(1) |








Sponsored Links

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode