Page: 1/4   >>
スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク

| スポンサードリンク | | - | - |
マクロビオティックの陰陽論:クシ式とオーサワ式

スポンサードリンク

マクロビオティック健康法には現在「クシ式」「オーサワ式」がありますが、陰陽の解釈が若干違うだけで、マクロビオティックの法則は不変です。 
まず陰陽ですが、クシ式は右が陰、オーサワ式では左が陰です。

主食の割合は、クシ式は重さの50%を基準にする、オーサワ式では多いほどよいとされています。

調理法は、クシ式長時間・短時間両方1日でとるようにする、オーサワ式では長時間火を通す調理法がよいとされています。

塩・油・揚げ物は、クシ式は少なく、オーサワ式では多くとるのがよいとされています。
酸味は、クシ式は少量必要、オーサワ式はほとんど制限するのがよいとされています。

ガンは、クシ式は陰陽両性があり、オーサワ式では陰性としています。
クシ式とオーサワ式は派閥ではなく,解釈の違いであり、オーサワ式のほうが陽性を好むといわれています。
マクロビオティック健康法を実践するうちに、どちらが自分にあっているかは自然と分かってくるはずです。

スポンサードリンク

| mashhy11 | 23:30 | comments(0) | - |








Sponsored Links

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode