Page: 1/1   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク

| スポンサードリンク | | - | - |
マクロビオティックとダイエット

スポンサードリンク

マクロビオティックは厳密な食事療法と、「粗食」というイメージからダイエットと結びつけがちですが、マクロビオティックの食事イコール「ダイエット食」というわけではありません。

マクロビオティックの食材をとることは、体質の改善をし、バランスを整えることが目的なのです。

例えば、強い脂溶性(油に溶ける)を持つ添加物や化学物質が入った食事をとるとします。
すると人間は、排出できない脂容性の添加物や化学物質を脂肪として体内に保管するようになります。

その結果、人間は本能的に脂肪の量をどんどん増やし、太っていくことになります。

そこで、マクロビオティックを実践すると、体内に新規に入ってくる化学物質がなくなるため、脂肪に保管していた化学物質を排出しようとします。

この作用は「排毒」といって時には頭痛や体が痛くなりますが、自浄作用によって起こるものなのです。

不要なものを排した体は脂肪を燃焼させ、結果的に効果的なダイエットにつながり、ベストな体へと変化していく仕組みなのです。

スポンサードリンク

| mashhy11 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(2) |








Sponsored Links

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode