スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
マクロビオティック:スーパーマーケットの食材と現代病

スポンサードリンク

マクロビオティックの考え方として、「一物全体」が上げられます。

簡単にいうと、食材は端から端まで丸ごと食べましょうという意味になります。

マクロビオティックでは、食物の様々な部分は、ぞれぞれ異なった栄養やエネルギーを持っており、全て食べることで始めてバランスのとれた食生活がおくれるとしています。

欧米のある学者が、「現代病の発生度合い」と発展途上国の「文化の度合い」を比べ、現代病の発生要因を調査しました。

すると,国内のスーパーマーケットの普及の度合いが高い国ほど、現代病の発生率も上がるという結果が出ました。

つまり、スーパーの半加工済みの食材は、栄養のバランスが崩れ,病気になりやすい傾向にあるということです。

昔と違って、現代は食材を様々な方法で調理できるので、マクロビオティックにおける一物全体は、工夫しだいで簡単に実践できるはずです。

スポンサードリンク

| mashhy11 | 23:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

| スポンサードリンク | 23:47 | - | - |








Sponsored Links

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode